パッケージ・紙・段ボール製品

山内紙器株式会社

貴社のお悩みを解決できるのは、山内紙器の「ダンボール製品」かもしれない――。
発送時に商品が破損する、いろんな商品を詰めて送るのにちょうどいいサイズの箱がない、きちんと梱包するのに手間がかかる、ロットの問題、できれば石油製品の梱包材は使いたくない、梱包用ダンボールの置き場の問題……。無料サンプル作成で、貴社の問題を解決に導きます。

本社/工場
〒615-0852
京都市右京区西京極西川町15番地
TEL:075-312-3557
FAX:075-314-3701
E-mail:info@yamapac.co.jp
山内紙器株式会社

私たちができること
持続可能な紙・ダンボール素材でお客様の問題・課題を解決します。

私たちができること

世界で脱プラスチックの流れが加速しています。
ダンボールは90%以上がリサイクルされる持続可能でエコな素材。
また、設計の自由度が高く組み立て式にすることで、省スペース化ができ、捨てやすいのも大きなメリットです。
パッケージはもちろん、さまざまな製品をダンボールや紙でご提案することで、サステナブル=持続可能な社会の拡がりに貢献していきます。

私たちができること

私たちの強み
現場の問題を解決し、素材の自由度を活かしたワクワクする製品を創出します。

私たちの強み

梱包発送の現場には、現場でしかわからない問題、担当している方ですら「解決できる」と思っておられない問題が存在しています。
これらの問題を、蓄積した設計ノウハウで解決に導けるのが山内紙器の強みです。
また、素材の自由度を最大限に活かしたワクワクする製品、これまでになかった便利な製品をダンボールで生み出してまいります。

私たちの強み
製造業の課題解決にコミット
日本マニュファクチャリングHDでは日本のものづくり技術で、企業が持つ課題解決を目指します。
これまでの課題解決の実例はこちらをご覧ください。
pagetop